PC98版 英雄伝説III 白き魔女をMS-DOS6.2のハードディスクから起動する。

広告

こんにちはオトタマです。

みなさま、お暑い中、いかがお過ごしですか。お仏像さま、外でずっとマスクしてると熱中症になりますよ。

20200901211436

 さて最近、YouTubeで古いPCゲームの紹介動画をやっているのですが、今使っているPC98はハードディスクをMS-DOS6.2で起動させているのですが、英雄伝説III 白き魔女(最初回版)をインストールしたところ、インストール自体はできたのですが、起動すると「このバージョンでは実⾏できない」と表示されます。

英雄伝説III 白き魔女(最初回版)のMS-DOSのバージョンを考えると、PC98版の発売は1994年3月です。これに対してNEC版のMS-DOSの発売日を調べると…

NEC版 MS-DOS5.0:1991年11月~

NEC版 MS-DOS6.2:1994年12月~

なので、英雄伝説IIIはMS-DOS5.0対応と思われます。

よって、MS-DOS6.2に標準装備されているSETVER.EXEを使ってバージョンのエラーを回避します。

【設定方法】

・SETVER.EXEはDOSフォルダー内にあります。MS-DOS6.2インストール時にハードディスク内に入るはずですが、一応ファイルがあるか確認してください。

・CONFIG.SYSにDEVICE=C:\DOS\SETVER.EXEの一行を加える。

20200901210925

・英雄伝説III 白き魔女の起動ファイルを調べる。インストールされたファイルの中で拡張子がEXEのもので今回はED3.EXE。

・MS-DOSのコマンドプロンプトでSETVER ED3.EXE 5.00とタイプしてEnter。

20200901210917

・これでOS側がED3.EXEを実行すると起動ファイルにバージョンの値として5.00を返すようになります。

・再起動して英雄伝説III 白き魔女を起動します。

20200901210931 20200901210953

 【余談】

「PC98版ぽっぷるメイル」をこの方法でやっても起動しませんでした。

「PC98版ぽっぷるメイル」は1992年5月発売なので、MS-DOS5.0は存在していましたが、おそらく開発時はMS-DOS3.3だったと思われます。

SETVER.EXEはMS-DOS5.0から追加された機能なので、MS-DOS3.3の値は返せないようです。では、MS-DOS3.3のゲームはMS-DOS6.2で使えないのかというと、方法はあります。

VectorなどでVSET.EXEをダウンロードして、このVSET.EXEとSETVER.EXEの2つを使いゲームの実行ファイルのバージョンを設定するのですが、詳しいやり方は他の方が説明されているので、「MS-DOS6.2 ぽっぷるメイル」で検索すればヒットします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私が制作している動画です。ここでは英雄伝説IIIを説明していますが、今回の動画は同じファルコムのロマンシアです。


ロマンシア【ことちゃんねるゲーム紹介レトロでGO 第3回】